刺青・タトゥーはきれいに消せる!?
若気の至りを無かったことに。

若者を中心に広がりを見せる刺青やタトゥー。その一方で、昨今では入れてしまったタトゥーを消したいと願う方も増えています。年齢を重ねるにつれて生活環境が変化する中で、タトゥーを入れたことを後悔する人たちも多いようです。

【刺青・タトゥーを消したいと思う理由】

・就職先選びが困難に感じた
・交際相手が変わった
・子供への悪影響
・公共の施設に行けない
 (温泉、プール)
・着られない服がある
・結婚相手の両親の目が気になる

■タトゥー除去におすすめしたいEPL法

タトゥーを消したいというお悩みに対し、おすすめしたいのがEPL法というタトゥー除去治療です。EPL法は、秋葉原中央クリニックオリジナルの治療法で、Er.yag(エルビウムヤグ)+Pico(ピコ)の2種類のLaser(レーザー)を組み合わせた新しい方法です。従来のレーザーでは消えづらかったカラータトゥーにも対応し、基本的には大きさ(タトゥーのサイズ)にも制限がありません。※刺青・タトゥーの状態によっては治療ができない場合もあります。

【EPL法は、このような方におすすめ】

  • 一度の治療で消したい
  • カラーの刺青・タトゥーが入っている
  • 切除法などの手術には抵抗がある
  • 昔レーザー除去治療をしたが、まだ残っている
  • とにかくタトゥーの存在を消したい
  • タトゥーを消す期限が迫っている

■2種のレーザーで素早くキレイに消す!

EPL法によるタトゥー除去は、まず皮膚を削ることに特化したエルビウムヤグレーザーを照射して皮膚を薄く削ります。
その直後に色素を細かく砕くことができるピコレーザーを照射し、皮膚の深い部分に残ったインクの色素を分解・排出していきます。
皮膚を削る際は、真皮層を30~40%ほど残すため、従来の剥削やアブレーションに比べて術後の回復が早く仕上りがキレイなことが特徴です。1回の治療でタトゥーのインクを除去することも可能です。※インクの濃さ・深さによっては、ピコレーザーのみ複数回の照射が必要な場合もあります。

▼この治療が受けられるクリニックはこちら https://akiba-biyou.com/menu/tattoo_epl/